資料の紹介

 今日の社会では、10年前には想像もつかなかった速度でデータが生成されている。企業においても、ビジネスのあらゆる分野でデジタル変革が進み、大量のデータが日々生成されるようになった。こうしたデータを意思決定に利用し、競争上の優位性をつかもうとする気運が高まっている。

 しかし、データやデータベース、数学は一般に敬遠されることが多い領域だ。大量のデータを分析して意思決定に利用できるスキルセットを備えた人材は、圧倒的に不足しているのが現状である。こうしたデータリテラシーのスキルギャップは、あらゆる形態や規模の組織で見られ、データに対する投資から高い成果を得ることを阻んでいる。

 本動画では、組織が自力でデータリテラシーを構築するにはどうすればよいのかを説明している。前半では、データリテラシーとは何か、なぜ今、組織に必要なのかについて説明し、その特性や浸透度合いを見ていく。後半では、組織にデータリテラシーを実装する際のロードマップに加え、推奨事項と非推奨事項を説明する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。