資料の紹介

 Webブラウザを狙ったマルウエアやフィッシングの増加は、多くの企業にとって深刻な問題になっている。Webブラウザはほぼすべての企業が利用しているソフトウエアであるというだけでなく、サードパーティのWebサイトが配信するコードを実行するという仕組みを持つために、攻撃者の格好のターゲットとなっているのだ。

 企業はセキュアWebゲートウェイなどを使って、悪質であると分類されたサイトへのアクセスを阻止している。だがそれだけでは、危険かも知れないサイトや、評価履歴が少ないため未分類のサイトには対応できない。かといって、セキュリティポリシーでこうしたサイトへのアクセスを阻止すれば、従業員の生産性を落とす恐れがある。

 本動画では、未分類のサイトや危険かも知れないサイトへのアクセスを制限することなく、ブラウザを標的とするマルウエアを阻止できるソリューションを紹介する。すべてのWebコンテンツを安全なイメージデータに変換することで、Webサイトから配信された未知のマルウエアがユーザーの端末に到達しないようにする。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。