資料の紹介

 Webサイトが仕事に欠かせない情報源となって久しい。だが、情報を求めて検索しているうちに、マルウエアなどが仕込まれた危険なサイトにアクセスしてしまう恐れもある。そのため、安全だと確信できないサイトへの従業員のアクセスを、一律にブロックしている企業は多い。

 しかし、Webフィルタリングサービスや脅威インテリジェンスサービスでは、安全かどうか分類できないようなサイトも多く、そうしたサイトに安全にアクセスしたいような場面もある。一般的なWebアクセス制限の仕組みでは、こうしたニーズに的確に応えられず、従業員の生産性を低下させたり、システム部門の運用担当者の手を煩わせたりする結果になることも多い。

 本動画では、リスクがあるかも知れないサイトに安全にアクセスできるようにするサービスを紹介している。ユーザーがブラウザからWebサイトにアクセスすると、隔離プラットフォームから安全なレンダリング情報だけを送る。ユーザーの端末にはWebコードもコンテンツも送られないため、感染は起こり得ないという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。