資料の紹介

 社会の変化がスピードを増すにつれ、経営判断における、リアルタイムな情報収集と分析の重要性は一層高まっている。しかし現在使われているシステムの多くでは、データを集計するためのバッチ処理に膨大な時間がかかるため、必要なレポートをタイムリーに作成することが困難である。

 これまでIT部門は、主にパフォーマンスの観点から、OLTP処理の基幹系システムとOLAP処理の情報系システムを別々に開発・運用してきた。だがこのために、2つのシステム間で定期的なデータ転送が必要になり、意思決定のための情報が必ずしも最新ではないという問題が生じていた。

 本資料では、OLTP処理とOLAP処理を同一のデータベースで実現することにより、この問題を解消するインメモリーDB製品と、その効果を最大限に引き出すプラットフォームを紹介する。両者の組み合わせで実現する運用性、性能、信頼性、オープン性について、ベンチマークデータなどを交えて解説。新たなビジネスモデルを創出した成功事例も紹介する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。