資料の紹介

 自社の業務にぴったり合った業務パッケージを見つけることは難しい。かと言って、ニーズにマッチし、現場の声に素早く対応できるようなシステムを自社開発するだけのスキルは持ち合わせていないし、全面的に外注すれば高額になってしまう――。

 全面的に外注すると、導入後のちょっとした改善も依頼しなくてはならず、その都度費用が発生してしまうという問題点もある。また、要件が完全に確定していないと依頼しにくいため、試験的に機能を開発し、運用しながら改善していく、といったアプローチも難しい。

 本資料では、こうした悩みの解消に向けて、Web上での4ステップの作業で業務システムを構築できる「超高速開発・運用ツール」を紹介する。要件を聞き取りながらその場で開発することも可能という。クラウド型とオンプレミス型の両方を用意しており、ワークフローや生産管理、CRM(顧客関係管理)などの各種カスタマイズオプションも無償で提供する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。