資料の紹介

 企業の基幹業務システムの多くは、度重なる更新でブラックボックス化、環境変化への適応力が低下している。そのため、事業の拡大や変化、テクノロジーの変化に、迅速・柔軟に対応できなくなっているのが実情だ。

 「システムの全体像が分からないので、新規事業用の機能追加が困難」「社内に散在するシステムの連携が不十分でリソースを有効活用できない」「メンテナンスコストが増大している」「担当者の退職や移動でアプリケーションがブラックボックス化した」…このような声は、多くのIT部門で耳にするだろう。

 本資料では、要件を確実に反映し、環境変化に迅速に対応できる基幹業務システムを構築するためのアプリケーションフレームワークを紹介する。伝票に着目した業務分析法により文章表現の曖昧さを排除。仕様書の自動展開などにより、設計と実装のかい離を防止する。Eclipse、JBossをはじめとするオープンソースソフトの積極活用も特徴だ。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。