資料の紹介

 クラウドサービスが充実し、企業規模や業種、システムの用途を問わず、幅広く国内企業にクラウドが定着するようになった。今や、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)はもとより、ネットワーク機能やセキュリティ機能をクラウドで提供するサービスも出そろった。

 しかし、従来のクラウドサービスは、企業がシステムに組み込む様々な機能を、それぞれ単体で提供する「パーツ」としての色合いが濃かった。そのため、開発や運用の負担を軽減し、企画に注力したいという企業や情報システム部門のニーズを必ずしも満たすものではなかった。

 本資料では、IaaSを核に、ネットワークや情報セキュリティ、運用管理などのサービスをワンストップで提供し、企業のフルクラウド化を支援するサービスと、そのユーザー事例を紹介する。日本通運や戸田建設は運用管理業務の負荷を大幅に低減。LPガス元売り大手のジクシスは、新会社のITインフラを半年で構築したという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。