資料の紹介

 不正ログインや不正アクセスによる情報流出や不正送金など、Webサイトへのサイバー攻撃は激化し、マルウエアやランサムウエアのほか、内部犯行による被害も相次いでいる。いまや、業種や企業規模を問わず、いつ自社が被害に遭ってもおかしくない状況だ。

 多くの企業がセキュリティ強化に努めているが、従来型アプローチであるルールやシグニチャに基づく防御型セキュリティの場合、新種や亜種の攻撃パターンへの対応に限界がある。本資料では、自己学習型のアプローチにより、従来は検知しきれなかった攻撃や被害の予兆を検知し、視覚化するセキュリティアプライアンス製品を紹介する。

 このアプライアンスでは、人間の免疫システムをサイバーセキュリティに応用。ネットワークに接続した機器の挙動を管理し、通常と異なる動きを検知することで、未知の脅威による被害を視覚化する。従来の仕組みと共存させることでセキュリティをさらに強化できる。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。