資料の紹介

 頻発する情報漏えい事件を受けて、業務委託会社に対する顧客からのセキュリティ要求はますます厳しくなっている。鉄道や航空大手のシステムインテグレーションを手掛けるアイティシージャパンも、「顧客の情報資産保護は、社内の業務効率化に優先する」という経営トップの方針の下、社内のセキュリティ強化に取り組んでいる。

 同社はこれまでにも、不正な端末接続の防止やWebフィルタリング、メール誤送信防止、添付ファイル自動暗号化といった対策により、業務端末や通信のセキュリティを確保してきた。しかし、紙の書類や電子媒体で成果物の提出や納品を求められた場合、セキュリティをどう確保するかが新たな課題となった。

 アイティシージャパンはこの課題を解決するために、新たなセキュリティ管理製品を導入。情報漏えい防止に加え、書き出しログやワークフロー証跡を保存することにより、監査体制を確立した。本資料では、同社がセキュリティ製品を選択した経緯と決め手、導入後の効果について、担当者の声を交えて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。