資料の紹介

「NinjaLockM」は複数の施解錠方法を備えている(画像提供:ライナフ)
[画像のクリックで拡大表示]
入居者は専用カードで施解錠できる(画像提供:ライナフ)
[画像のクリックで拡大表示]
スマホのアプリでも操作可能(画像提供:ライナフ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ライナフは、賃貸住宅に特化したスマートロック「NinjaLockM(ニンジャロック・エム)」を販売している。
 
 専用カードや暗証番号、スマホアプリなど複数の施錠・解錠方法を備えた、完全固定式のスマートロック。入居モードと空室モードの切り替えが可能で、入退去の際の鍵の受け渡しや、錠前の交換をする必要がない。

 入居モードでは入居者が鍵の権限を持つ。専用カードやスマホ用アプリ、テンキーなどで施解錠が可能。家族や友人に合鍵の代わりにスマホ用アプリを通じて解施錠の権限を付与したり、開閉履歴を確認したりするなど、通常のスマートロックとして使用できる。

 空室モードは、工事で多様な人々が出入りする場合などに使用する。例えば、リフォーム時の内装業者が入退室する際には、特定の期間中のみ利用できるアプリを利用する。不動産仲介業者が内覧で入室する際は、ワンタイムパスワードを発行する。鍵の受け渡しやキーボックスの管理などの負担が減り、鍵を紛失するリスクもなくなる。

 「NinjaLockM」の多種多様な機能や設置方法、導入後の活用イメージなどの詳細情報は、以下からダウンロードできる資料に掲載している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。