資料の紹介

ドローンとiPadで簡単に屋根点検が行える「DroneRoofer」(画像提供:CLUE)
[画像のクリックで拡大表示]
iPadをタッチするだけで自動操縦がスタートする(画像提供:CLUE)
[画像のクリックで拡大表示]
「DroneRoofer」による撮影例。スレートのこけの発生やずれなども、高精細な画像で漏れなく確認できる(画像提供:CLUE)
[画像のクリックで拡大表示]

 CLUEは、ドローンを自動操縦して簡単に屋根点検ができるサービス「DroneRoofer」を販売している。

 屋根事業者や工務店、リフォーム会社などに向けたサービス。iPadなどにインストールしたアプリで、ドローンを自動操縦し、高精細な屋根の写真を撮影。写真はiPadに転送され、すぐに屋根の状態を確認できる。その場で施主に見せながら、説明することも可能だ。もちろん見落とし防止のために、オフィスでの再確認にも便利だ。

 屋根点検にかかる時間は、スタッフが1人の場合5~15分程度。30分以上かかっていた従来の目視点検に比べ、作業時間を大幅に短縮できる。

 ドローン機体とiPad本体のほか、機器の設定、飛行許可の申請代行、ドローン保険の提供などのサービスをパッケージで販売しており、面倒な手続きは不要。担当者によるデモ飛行や操作方法の説明など、付加サポートも充実している。

 料金は、初期導入費用に加えて月額利用料が必要。加えて、2年目以降の飛行許可代行申請費用と保険更新料が別途必要だ。実際の販売価格、導入費用については、問合せ対応となる。

 「DroneRoofer」を使ったドローン飛行や、撮影した写真を基にした屋根点検の様子などは、以下からダウンロードできる動画で確認が可能だ。

[問い合わせ]
問い合わせ先:CLUE
電話:03-6805-1853
URL : https://service.drone-roofer.com

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。