資料の紹介

 エービーシー商会は、樹脂製のエキスパンションジョイントカバー「アーキウェイブ Eシリーズ」に「床タイプ」を追加し、2019年3月ごろ販売を開始する。

 エキスパンションジョイントカバーは、地震の際に建物に与える衝撃を緩和するために設ける隙間 (クリアランス) 部分を覆う建築部材。「アーキウェイブ Eシリーズ」は、引っ張りや伸びに強く、耐候性、耐久性に優れた樹脂素材でできている。これまで外壁・天井・内壁用として展開していたラインアップに、床用を加えた。

 床用のエキスパンションジョイントカバーはこれまでアルミ、ステンレスなど金属製が多かった。これは、歩行や台車、車イスなどの通行によって荷重がかかるため、柔らかい樹脂素材での実現が難しかったからだ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。