資料の紹介

 昨今の建設プロジェクトは、極めて高度かつ複雑なものとなっている。構想から実施に移す際には綿密に考え抜かれた計画が不可欠であり、プロジェクト成功の可否は、初期の計画段階と施工前に下される判断にかかっていると言っても過言ではない。

 プロジェクトの実現可能性を正確に予測するには、「詳細な施工モデリング」「正確な現場計画」「現実的な建設手順」の3つが必要だ。しかし、施工の段階になってから担当者に渡されることの多い2Dや3Dの意匠設計モデルでは、施工に必要な詳細設計までは把握できず、多くの箇所で推測が必要になる。その結果、手戻りが重なり、工期が遅れたりコストが上昇したりして、クライアントの不満につながることが少なくない。

 本資料では、施工準備における4大課題である「施工性」「変更管理」「数量拾い」「事業開発」について、プロジェクトを効率的に計画し実行する方法を詳しく解説する。設計、計画、施工の各段階で発生する情報をつなぐことで、必要な情報が行きわたり、予測性が向上する。着工前に、プロジェクトの施工性を検証して、コストを精度良く見積もり、変更を適切に管理し、コミュニケーションを円滑化できるようになる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。