資料の紹介

 2020年に向けたインフラ整備が最盛期を迎えている建設業界では、事業に不可欠な人材確保と育成のため、働き方改革が重要な経営テーマとなっている。「青函トンネル」「留萌ダム」などで知られる飛島建設も、全社員に薄型軽量モバイルPCを配布したほか、粉塵に強いタブレット端末を工事現場用に支給。場所を選ばないモバイルワーク環境を整備してきた。

 しかし、現場用のタブレット端末から現場事務所のNAS(ネットワーク接続ストレージ)へのアクセスはOSが異なるため難しく、NASに保管した現場図面や工法の資料などのデータを確認するには、現場の担当者が毎回事務所に戻って、PCからアクセスする必要があった。

 本資料では、こうした非効率や不便さを解消するために、飛島建設が新たに採用したデータ保管方法とその効果を紹介する。タブレットからアクセスできることに加え、故障や災害などによるデータ消失リスク、維持管理の負荷なども考慮しながら、複数のクラウド型ストレージ・サービスを比較。大容量ファイルを簡単に共有・閲覧でき、わかりやすい操作で誰でも扱える点を重視して選んだという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。