資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)時代と呼ばれる今、IT環境の変化は社会やビジネスを大きく変貌させてきている。SNSの利用はごく当たり前のこととなり、企業間のビジネスも従来とは比較ならないほど迅速かつ適切に取り交わされるようになった。それに伴い新しいビジネスモデルも生み出されるなど、私たちはDX時代の潮流真っただ中にいる。だがそうした時代に自社システムの構築が旧態依然のままで果たして乗り越えていけるのだろうか。

 そのためにもITシステムとその開発環境の見直しはぜひとも考えたい。すでにITシステムの開発にあたっては超高速開発ツールの導入を進めている企業も増えてきた。ツールを活用することで、従来必要されていた品質管理の時間やテスト工数を大幅に削減できるなど、DX時代に対応できるITシステムを構築することが可能となる。本特集では、超高速開発ツールに関する詳しい資料を紹介。資料をダウンロードいただき、DX時代の潮流を乗り越える開発環境をぜひ実現してもらいたい。