資料の紹介

 現在、会社で日々行われている各種の業務について効率的に処理しようと考えた場合、まず思いつくのは業務のシステム化や自動化。しかし、その対象業務がシステムを構築するほどでもない軽微な作業となると「これくらいなら手作業でも」とついつい考えがちだ。だが、そうした業務がだんだん増えていった結果、業務量オーバーや無駄な残業を招くのであれば、効率化に向けた検討を行うべき。

 そこで注目したいのが、自社の業務に合わせたシステムを簡単に構築できる業務アプリ作成ツール。特に最近では、現場の事情を理解した担当部門で簡単にアプリ開発や運用ができるツールが登場しており、積極的な活用で課題解決を図る企業が増えてきた。 本特集では「簡単業務アプリ作成ツール」として最新の作成ツールを詳しく紹介。実際にツールを活用して業務効率化を実現した事例も取り上げており、いままでシステム化に二の足を踏んできた企業の方々には大いに参考となるだろう。