資料の紹介

 これまでの製造業の現場では、品質管理とは実際に製造された部品や製品をチェックするものだった。ところが近年、IoTの普及によって、データから品質低下の発生を予測する技術が現場に取り入れられ始めている。ただし、各種センサーからもたらされるデータの数は、数百から数万とも言われている。それらを逐一チェックして即座に状況を把握することは困難だ。そこでAIが活躍する。AIと連携し、品質低下が起こりうる可能性があることが分かれば、迅速な対処も可能になる。

 製造ラインで予兆判定を行う際に重要なポイントはシステムを止めないことだ。もしシステムが止まってしまうと品質の監視も止まってしまい、正確なデータが収集できないだけでなく、そのまま操業を続けると不良品を製造してしまう可能性もある。

 しかしハードウエアの故障やトラブルは、現場の担当者には対応が難しく、ベンダーに依頼しなければならない。そして修復まで相当な時間がかかることもある。本資料は、IT知識の獲得に時間がかけられない製造現場の担当者でも簡単にハードウエアの交換ができるソリューションについて解説する。これにより、新たな人材を用意しなくても、止まらないシステムを構築できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。