資料の紹介

 中国ではIoTソリューションが急速に発展している。中国でIoT事業を展開しようと考える日本企業も多いだろう。しかし、中国でIoT事業を展開するには、日本では想定していない課題に直面する。

 たとえば、高額な海外ローミングの通信費用、国の法令や規制、中国国内のネットワーク環境、日中間の通信の品質などである。日中間のインターネットは遅いし、国際ローミング、国際専用線の費用も高額だ。中国拠点エリアのモバイル回線電波状況が悪い場合の調査や、キャリアへの改善対応依頼の問題もある。また対応するSIMの種類、品質も多様だ。ほかにも、文化や商習慣の違いによるトラブル発生の可能性、現地での実証実験、検証に必要なサポート、導入後の運用保守など、多様なサポートが必要となる。

 本資料は、こうした注意すべき11のポイントについてまとめている。これらの課題を解決するため、中国でのIoTネットワークに関する設計、検証、運用などをワンストップで提供するサービスについても紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。