資料の紹介

 スマートマニファクチャリング、インダストリー4.0、デジタルエンタープライズなどさまざまな呼び名があるものの、「未来の工場」はすぐそこまで来ている。すでに必要な技術は出そろっているのだ。成り行きを見守っていては、市場シェアを競合他社や新興企業に奪われてしまうだろう。未来の工場の基盤はITだ。ERPシステムの実装によるバリューチェーンの可視化、モバイルやソーシャルとの接続性、クラウドによる俊敏性、ビッグデータの巧みな利用、顧客中心モデルなどが、工場の未来化を後押しする。

 とはいえ、多くの製造業では、すでに明かな無駄はカットされている。市場価格や競合会社に対して打つ手はほとんどない。そのため、運用上の戦術が収益性を上げる最善策となる。それはたとえば、ロボット工学技術であり、3D印刷技術であり、品質管理技術であり、分散型生産であり、IoT技術である。

 本資料は、工場の未来化を促進する5つのIT要因と、それを支える5つのテクノロジーについて詳しく解説したものである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。