資料の紹介

 市場ニーズの多様化が進むなか、いかに迅速に高品質の製品を提供していくかが、製造業にとってますます重要になってきた。AIやIoTの活用も不可欠になりつつある。この状況で競争優位性を維持するには、営業と生産の業務がシームレスにつながり、一元化された情報をリアルタイムに全社で共有できるシステム基盤の構築が急務だ。

 しかし、自社の強みも活かしながら、このような要件を満たす生産管理システムを構築することは容易ではない。新規に開発すれば独自の要件を満たせるがコストも時間もかかる。かと言ってパッケージを導入すれば、業務をシステムに合わせざるを得ない場面が少なからず発生する。

 本資料では、こうした課題の解決策として、テンプレートを有効活用したシステム開発ソリューションを紹介する。製造業に必要な業務テンプレート群を標準で備え、企業の情報を一元化・見える化することで、計画重視型ビジネスへの変革を支援する。原価管理の精度を高め工場の収益を改善、品質も全社で見える化し改善を加速する。AIやIoT活用におけるデータ基盤としても有用という。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。