資料の紹介

 自動車、航空機、風力発電などの大型組み込み制御システムでは、ネットワーク接続された電子制御装置(ECU)を複数使用して緊密に動作させることが多い。そのような大きなシステムでは、モノを作ってからテストする従来方法では、欠陥が見つかったときは作り直しとなり膨大なコストがかかってしまう。このためできるだけハードウエアそのものもデジタルシステム開発ツールでシミュレーションしてモノを作る前にチェックしておくことが望ましい。こういった手法をHIL(Hardware-in-the Loop)という。

 HILに望まれるのは、システム要件の変化にも対応できるように、オープンで拡張性に優れていることだ。特にモジュール式のアーキテクチャであれば、アップグレードすることで機能追加ができる。

 本資料では、オープンで拡張性のあるHILテストシステムについて、構成するコンポーネントから、ハードウエアに欠陥がある場合を想定した欠陥生成、複数のECUを搭載したシステムのテスト、さらには処理能力を追加するため分散処理を図る技術や、配線の簡素化とリモートI/Oなどについて述べ、最後にHILテストシステムの実装について解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。