資料の紹介

 簡単なシステム制御用に8ビットマイコンを用いてきたが、やはり限界にぶつかったという経験のあるエンジニアは少なくない。そこで次の選択肢となるのは16ビットマイコンだ。16ビットマイコンは32ビットマイコンとは違い、コストが安く、低消費電力で使える。そして、さまざまなアプリケーションに使える汎用性がある。

 本資料では2種類の16ビットマイコンを紹介している。Microchipの16ビット組み込みマイコンファミリのPIC24マイクロコントローラ(MCU)およびdsPICデジタルシグナル コントローラだ。高性能、低消費電力、柔軟な周辺モジュールが特徴だ。開発期間を短縮するソフトウエアおよびハードウエアツールの包括的な開発エコシステムでサポートされている。例えば、後者のdsPICデジタルシグナル コントローラはデュアルのDSPコアを持ち、モーター制御やデジタル電源制御に向く。PIC24 MCUとdsPIC33 DSCは共に信頼性と安全性に優れ、AEC Q100認証済みであり、3/5 Vで最高150°Cでの動作をサポートしている。

 ここでは2つの16ビットマイコンの製品仕様や使い方だけではなく、ソフトウエアおよびハードウエア開発キットについても触れており、組み込みシステムを設計するのに役立つ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。