資料の紹介

 全世界の電力エネルギーの45%がモーターに消費されているといわれている。つまりモーターの効率を上げ、無駄な電力を減らすことは二酸化炭素削減に役立つことになる。そのためにはモーターの回転を細かく制御する必要がある。それを制御するのがモーター制御用のマイコンだ。

 ただ、一口にモーターといっても、ブラシ付きDC モーター、ステッピング モータ-、ブラシレスDCモータ、永久磁石同期モーター、AC誘導モーターなど、さまざまな種類がある。今回紹介するモーター制御用のマイコンには、各種モーター向けの製品が用意され、それぞれに制御ソフトや開発ツールなどを含むソリューションが提供されている。実際に回路を組むとき、これらのソリューションを使うことで、設計がシンプルになり基板面積を減らすことができる。

 また、これらのモーター制御開発ツールを使えば、デュアルモーター制御を含む低/高電圧システムの試作をより短時間でできるようになる。このホワイトペーパーは、各種モーターとその制御・駆動ソリューションについて書かれており、一読の価値がある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。