資料の紹介

 モノづくりの現場がグローバル化するなか、設計、生産技術、製造の各拠点間の情報共有は高い品質を維持するうえで欠かせない。設計意図をくみ取った生産手法を考案し、その手法を国内のみならず世界各国の生産拠点に伝える必要があるからだ。正確に手順を伝えるには図や写真を使った「製造指示書」が有効だ。しかし、写真などを多用した製造指示書を作るには、組み立てて検証が済んだ「実機」が必要なため、どうしても着手が遅くなる。さらに撮影して画像を加工するなど、作成に時間がかかる。もちろん設計変更があった場合の修正の手間も大きな負担になる。

 製造指示書の作成時間を短縮し手間を減らし、より正確に伝わるようにするには、設計部門がCADで作成した3Dデータを活用したい。ただし、CADデータはそのままでは使えない。タブレットなどの端末でも表示できるように、データを軽量化することが求められる。そして設計変更などに柔軟に対応するには、CADデータをベースに3D情報や工程情報を登録して、指示書の作成をテンプレート化し自動化できることが望ましい。

 本資料では、XVLという3D CADデータの軽量化技術を活用して、製造指示書を自動で作成するソリューションを提案している。併せて、設計と製造の両現場で3Dデータの活用によって得られるメリットについて、事例などを元に詳しく解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。