資料の紹介

 建設・建築業界で「BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)」が注目を集めている。BIMとはコンピューター上に作成した建物の3次元モデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを付与し、設計、施工から維持管理まで建築物のライフサイクルすべてにわたって情報活用を支援するソリューションである。

 BIMでは、建築部品や建材のデジタル表現をオブジェクトして扱い、建築モデルに組み込むことができる。そのため、住宅設備・建材などのメーカーでも、BIMを導入する事例が増えている。構成変更が可能な製品を作成し、スマートなBIMオブジェクトとして施工主に納品することで、建築・建設プロジェクトに採用されやすくなるからだ。

 本資料では、製造業のCAD技術者がBIMを実践する際に直面する3つの課題と、その解決策を紹介する。BIMソリューションを導入する際には、自社はもちろん、クライアントや協力会社も含めて検討する必要がある。さもないと、修正が発生するたびにイチから3Dモデルを作り直したり、データ作成のたびに外注コストがかかったり、元請けとの連携がうまくいかなかったりといった事態になりかねない。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。