資料の紹介

 家庭や工場、オフィス、あるいは交通機関など、広い分野でモーターが大量に使われている。エアコンや冷蔵庫、洗濯機などの白物家電に加え、エレベーターやエスカレーター、工作機械さらには電気自動車や列車の動力にも使われている。いまや世界のエネルギーの46%をモーターによる電力消費が占めており、エネルギー効率化や安全性の確保は重要な課題となっている。

 そのためモーター駆動の制御モジュールは、回路設計だけではなく熱設計、ノイズ対策、効率向上、安全性など広い範囲にわたる知識が必要だ。そしてさまざまな用途のモーターがあるため、それに合わせたモジュールが必要になる。本資料では、モーターとその用途に合わせて、モーターの駆動と保護回路を単一パッケージに集積したモジュールを紹介している。

 モジュールのパッケージについての注意事項も説明しており、回路基板でのピン間隔のクリアランス、ヒートシンクの平坦度、熱伝導グリースの厚さ、パッケージを固定するネジの応力などにも触れている。モーター駆動システムを設計するうえで参考になるパワーモジュール、その使い方などは、設計者にとって一読の価値がある。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。