資料の紹介

 企業による新たなテクノロジーの導入が進むにつれ、IT部門が保守/運用管理すべきITシステムの範囲は急拡大している。さまざまなベンダーやサービスプロバイダーが、企業が所有するハードウエア製品やソフトウエア製品の保守サービスを個別に提供している状況では、障害発生時に問題を追跡すること自体が不可能になることもある。

 加えて、近年の企業のIT環境は、これまでにないほど高度で複雑になっている。ハイブリッドクラウドやマルチベンダー構成のIT環境で多くのIT資産を稼働させている企業にとって、ビジネス戦略やニーズの変化に迅速に対応しつつ、ビジネスを確実に支えるIT環境を提供し続けることは、決して容易ではない。

 本資料では、こうした複雑な課題を抱えるIT保守・運用管理をスムーズに遂行するための手段として、マルチベンダーサポートサービスを紹介する。さまざまなベンダーとの複雑な契約を、専門知識を備えたパートナー企業に一本化することで、保守/運用管理をシンプルにし、コスト削減と高可用性の両立を可能にするという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。