資料の紹介

 働き方改革を推進するうえで残業時間の削減は注視すべきポイントだ。しかし、定時退社の推奨などを実施するも、仕事が終わらないまま退社するわけにはいかず、残業の削減は思うようにいかないのが実情だ。

 そういった課題に有効なのが、RPA(Robotic Process Automation)だ。メールやアプリケーションの定型作業を自動化することで、作業時間を削減できるというものだ。勤怠管理から、定期的なデータ収集や配信などあらゆる業務に適用でき、時間削減のみならず、自動化により人的ミスの削減にも直結する。

 本資料では、RPA導入の事例から、実際の効果や導入プロセスを詳細に紹介。RPAツール使用者のアンケートなども掲載し、何を基準にRPAツールを選ぶべきか、費用対効果はどうか、導入後の失敗しない運用とは、などを解説する。実際のRPA製品の実力やサポート体制などにも触れる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。