資料の紹介

 セキュリティ、信頼性、倫理などの観点から適切にデータを利用し管理することは、デジタルビジネスに不可欠な要件だ。しかし、データ量が急激に増加している今、要求される水準のセキュリティを維持しながら、データ管理の仕組みを強化・拡張することは、多くの企業にとって困難な課題となっている。

 データマネジメント戦略は比較的新しく登場した概念であるため、基礎的なルールや手順を新たに構築し、ビジネスに関わる組織全体で実行する必要がある。そのためには、CIO(最高情報責任者)がデータセキュリティに関する実行責任と説明責任を全面的に担い、組織のデータ利用を効率よく監視・管理できるよう支援する新しい手段が不可欠となる。

 本資料では、組織における大量データへの対応能力や、所有するデータの価値を引き出せているかどうか、といった実態について、世界24カ国の企業の意思決定者を対象に尋ねた調査結果を詳しく紹介している。多くのIT責任者はデータ管理が負担であると考えており、「データマネジメント戦略を整備している」と回答した企業は半数に満たない。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。