資料の紹介

 近年、あらゆる業界の企業がクラウドストレージへのさらなるシフトを進めている。バックアップ、アーカイブ、ディザスタリカバリ(DR)といった用途にも対応できるようになってきた。導入企業の多くが、これまでのIT投資を無駄にしないために、ハイブリッド機能やマルチクラウド機能を備えたソリューションを選んでいる。

 ただし、オンプレミスからハイブリッド環境やマルチクラウド環境への移行を進める企業においても、基幹系のアプリケーションやデータについては、段階的に時間をかけて移行する傾向が強い。具体的にどのように進めれば、過去の投資を無駄にせず、クラウドのメリットも十分活用できるのか、判断に悩むケースも少なくない。

 本資料では、クラウドストレージへの移行を計画する企業が、最適なアプローチを選択するために留意すべきポイントを、調査データを示しながら解説する。さらに、ハイブリッドクラウドでの利用を想定して設計されたストレージプラットフォームの特徴と、その導入メリットや効果について考察する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。