資料の紹介

 企業を取り巻くビジネス環境の変化のスピードは増す一方だ。IT部門に対しても、めまぐるしい環境の変化に対応し、迅速なデジタルビジネスの展開を支えられる機動的かつ効率的なITシステムを求める圧力がかつてなく高まっている。

 そんな中、IT戦略の要となるのが、クラウドアーキテクチャをどのように活用するかだ。クラウドはこれまで多くのメリットを企業や組織にもたらしたが、IT部門が経験を積んでクラウドに慣れるにつれ、ガバナンスや相互運用性の欠如など、看過できない運用上のデメリットも明らかになってきた。

 本資料では、クラウドの導入から運用まで一貫したアプローチで取り組む「クラウド2.0」の実現について、クラウドのエキスパートが解説する。5つの重要課題を示したうえで、それらを解決するためのソリューションを紹介している。セキュアなネットワーク接続とマルチクラウド管理によって、デジタルビジネスに必要な俊敏性を備えたクラウドインフラを実現できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。