資料の紹介

 企業のIT部門には、ビジネス部門にITサービスを安定的に提供することが求められる。そのための仕組みが「ITサービスマネジメント(ITSM)」だ。そして、ITSMの成功事例を体系化したガイドラインが「ITIL」である。もともとは1989年に英国政府によって発行されたが、その後、改訂を重ね、2019年には最新版の「ITIL 4」がリリースされた。

 前バージョンの「ITIL v3」のリリースが2007年なので、12年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。この間、クラウド、モバイル、IoT、AI、ブロックチェーンなどのさまざまな技術、DevOpsやアジャイルなどの新しい開発手法も登場している。このため「ITIL 4」には、次世代のガイドラインとして改めて注目と期待が集まっているのだ。

 本資料は、ITILエキスパートの資格を持ち、ITサービスマネジメントコンサルタントとして活躍する著者によるITILの入門資料である。「ITILとは何か」から「ITIL 4の概要」まで、講義を聴講しているような感覚で理解できる。ITILをはじめて学習するユーザーはもちろん、最新版のITIL 4について知りたいユーザーやITSMツールの活用方法を知りたいユーザーにも、読み応えのある内容となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。