資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)時代が到来し、どこにいても瞬時に欲しい情報を得られるようになりつつある。DX時代の到来は企業にとって大きなチャンスである一方で、しかるべき準備をしておかないと、「2025年の崖」を回避できずに敗者になってしまうリスクもある。

 新たなビジネスや新サービス創出の第一歩は、基盤となるITシステムの整備である。しかし、既存のITシステムが老朽化し、肥大化・複雑化、さらにはブラックボックス化といった問題を抱えていると、高コスト構造や機動性の欠如などが経営・事業戦略の足かせになるだけでなく、新たなIT技術を導入してもその効果を享受できなくなってしまう。

 本資料では、企業のITシステムが「レガシー化」(老朽化、肥大化・複雑化、ブラックボックス化)する8つの要因を整理し、それらを解消するために、超高速開発ツールによるITシステムの内製化に取り組んだ3社の事例を紹介する。ある太陽光パネルメーカーの日本法人は、ユーザー部門の担当者が中心となって、代理店向けシステムを年末の3カ月で開発したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。