資料の紹介

 IBM i(AS/400)は、IBMが開発したオフィスコンピュータ(オフコン)である。非常に堅牢で信頼性も高いことから、現在でも多くの企業で基幹系システムのインフラとして活用されている。ただし、ハード/ソフトともにIBMのクローズドなシステムであり、扱える技術者が減っている。

 このため、多くの企業でシステムのブラックボックス化が問題になっている。ベテラン技術者が引退し、仕様書もソースもないため、多くの基幹システムが"塩漬け"直前の状況に追い込まれているのである。問題を解決するには、既存システムの仕様を可視化しなければならないが、技術者が少ないため、人海戦術は現実的ではない。そこで期待されているのが、専用の解析ツールだ。

 ただし、解析ツールには求められる条件がある。たとえば、IBM iの経験のないオープン系技術者にも使えなければならない。ソースがないオブジェクトでも解析できなければならない。本資料では、こうした条件を満たすツールと活用事例を紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。