資料の紹介

 教育の場では無線LAN(Wi-Fi)の普及が進んでおり、特に大学では既にほぼ100%の整備率となっている。小中学校や高校でも、文部科学省が進めるICT環境整備の一環として、普通教室への導入が進んでいる。その一方で問題になっているのがシステム担当者の不足であり、ネットワークの管理や障害対応に手が回らないケースも出ている。

 龍谷大学では、既存のWi-Fi環境がタブレットやスマートフォンなどによる同時多重アクセスを想定していなかったため、アクセスの急増時などにしばしば通信状態が悪化する問題が起きていた。原因を解明しようとしても短時間での状況把握が難しく、アクセスポイントを増設して対応しようにも、手が足りず十分な管理ができないことが課題だった。

 本資料では、学生や職員など多くのユーザーが使うネットワークを少人数で確実に管理できるように、龍谷大学が新たに導入したクラウド管理ダッシュボードを紹介する。分かりやすいGUIにより少人数での運用管理が可能になり、豊富な視覚化機能により、迅速な障害対応も実現したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。