資料の紹介

 少子高齢化や労働人口の減少が進む中、人材をいかにして確保するかは、企業にとって大きな課題となっている。しかし、実際には、キャリアを積んだ人材の流出が止まらなかったり、社員のモチベーションを高める施策を打てなかったりして、苦労している人事部門が多い。

 社員が抱く会社への不満や、仕事に対するモチベーションは、人事部門からは見えづらい。さらに、社員のスキルや才能を把握していなかったり、人材要件が明確になっていないことから、事業戦略に沿った組織編成や人材育成方針の確立が困難になっているケースもある。

 本資料では、このような人事の課題を解決する手段として、クラウドベースの人材データ分析サービスを紹介する。人材に関する様々なデータをデータウエアハウスに収集・蓄積・統合し、セルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)ツールで見える化・分析する。例えば、退職者データを蓄積することで、機械学習による退職予測分析も可能になる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。