資料の紹介

 ITシステムに関わる脆弱性は日々、新たに発見されており、その累計は膨大な数に上る。基本的な脆弱性対策の一つにパッチ管理がある。セキュリティ向上だけでなく、組織としての活動継続のためにも欠かせない管理業務であるにもかかわらず、ほとんどの組織が適切なパッチ管理を実施できていないのが現状だ。

 パッチ管理に関する課題やニーズは、その組織の状況によって異なるが、多くの組織に共通するパッチ管理の課題がいくつかある。「最新の脆弱性情報の把握」「IT資産と脅威の紐づけ」に時間がかかること、マルチOS環境におけるサードパーティ製品のパッチ適用テストまで含めた管理ができていないこと、などだ。

 本資料では、こうした課題の解決策となる自動パッチ管理ツールについて説明する。最新脆弱性情報の収集や、定期的なパッチ適用作業を自動化し、簡単に管理できるようにすることで、IT管理者は手動によるパッチ適用という日々の作業から解放され、より戦略性の高い業務に専念できるようになる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。