資料の紹介

 いまや、企業の経理・財務部門や営業・営業企画にも、大量のデータを素早く分析する能力が求められている。経営判断に必要な会計データ、売上の分析・予測データなどを迅速に用意できなければ、ビジネス環境の急激な変化に対応できず、ビジネスチャンスを逸してしまうからだ。

 ただし、これらの部門においてデータの収集から蓄積・統合・分析までできる環境を構築するには、さまざまな課題がある。たとえば、サイロ化した社内システムと各部門に分散したデータ、Excelに依存した非効率な手作業、システムのパフォーマンス不足、煩雑な集計作業、IT部門にかかる大きい負担ときりがない。

 こうした課題を解決し、企業内のあらゆるデータを収集・蓄積・統合し、明細レベルのデータ探索と可視化・分析を実現するにはどうすればよいのか。本資料は、クラウドを活用し、データウェアハウスの構築から、全社/部門ごとのセルフサービスBI、担当者自らが実行できる機械学習の分析環境の構築まで、その実現方法を解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。