資料の紹介

 製造業においては、IoTを活用した工場のイノベーションに期待が高まっている。センサーデータや生産ラインのデータ、作業員の位置情報や電力消費量データなど、さまざまなデータを収集・蓄積・統合し、これらのデータを分析して故障予知や未然予防、生産性の向上等に役立てようとする取り組みだ。

 ただし、その実現には課題も多い。データの保存先がバラバラで統合するのが難しい。保存されているのが生データのため、すぐには分析に使えない。さらには、大量データの統計解析やメンバー全員が分析できる環境を準備するのが難しいといった課題が指摘されている。

 本資料では、こうした課題を解決し、工場全体をイノベーションする方法を解説している。具体的には、クラウドを活用し、ハイパフォーマンスなデータ収集・整形加工・蓄積・統合から、機械学習による予兆分析までをワンストップで実現する方法だ。障害発生情報を地図上にマッピングし、機器の故障予測と未然防止を実現している事例も紹介されている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。