資料の紹介

 事業における最大のコストは人件費であることが多い。人材の有効活用は企業の長期的な成功の鍵と言える。そのため、人材活用の施策や戦略を立案するにあたっては、正確かつ最新の指標に基づいた意思決定をしたいと考える企業が増えている。

 しかし、各種業務システム、生産性に関する指標、市場調査、営業実績、人件費など、あらゆる方面からもたらされるデータは膨大な量になる。人事部門はこれらのデータを、効果的に活用して人材施策に生かさなければならない。

 本資料では、組織の労働力(ワークフォース)分析能力を高めるための目標設定と、達成への道のりをガイドする。具体的には、人材データから知見を得るために必要なツールとプロセスを理解するための6つのステップを示す。人事部門は、これらのステップをたどることで、適切なデータ収集の仕組みを作り、分析の結果をまとめて組織に反映できるようになるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。