資料の紹介

 「長年Excelで蓄積してきたデータをそのまま活かしてシステム化できないものか」。そう考える企業は少なくない。パッケージソフトを導入する手もあるが、メンテナンスや開発にかかる手間暇やコスト、使いこなすための利用者教育など、頭の痛い課題もある。

 Excelで蓄積してきたデータには現場で培ったノウハウも詰まっている。だがそれを、そのままシステムに反映させて有効活用するには、現場の担当者が簡単にシステムを構築・メンテナンスできること、現場のユーザーが容易に利用できることが必須条件となる。

 本資料では、既存のExcelデータをもとに、社内システムをノンプログラミングで簡単・高速に内製できることを謳ったWebアプリ開発ツールを紹介する。20年で800社以上という導入実績の中から、精密機器メーカーのシナノケンシ、富士通エフ・アイ・ピー・システムズ、山下設計、ブックオフコーポレーションなど6社の活用法を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。