資料の紹介

 テクノロジーは今や、あらゆる業界・企業・人々の方向性を大きく左右する要素である。新しいテクノロジーには、人々の働き方やコミュニケーション、イノベーションの方法を変える力があり、新たなマーケットの開拓や新規サービスの開発から、業務効率の向上、意思決定プロセスの改善に至るまで、テクノロジーの影響を受けている。

 しかし、先進テクノロジーの有効性は一律ではない。セクターやマーケットによって価値があるとみなされるテクノロジーは異なり、採用の進み具合にも違いがある。現時点では、クラウド・セキュリティや自律型データベースなどが広く評価され、人工知能(AI)が注目されている一方で、その他の先進テクノロジーの理解や採用はあまり進んでいない。

 本資料では、先進テクノロジーに対して人々がどう感じているのかについて、21の業界で計4000人に上る企業幹部にヒアリングした結果を紹介する。ヒアリングでは、今後のビジネスに革新をもたらすと期待されるテクノロジーだけでなく、すでに導入したテクノロジーの中で満足度の高いものと低いもの、実績を出しているものについても尋ねている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。