資料の紹介

 ほとんどの人事部門は、社員数や離職率、パフォーマンス、労働意欲などのデータを収集・分析し、優秀な人材の獲得や離職対策、研修・能力開発……などに役立てようしている。ただし、その取り組みは、必ずしも体系化されているわけではなく、担当者の感覚や経験に依存する部分も多い。

 「人財アナリティクス」は、こうした属人的なアプローチを脱し、客観的なデータに基づいた体系的な人材管理を実現する取り組みだ。データを定期的に収集し、一貫性のあるレポートを作成・分析することで、活用・検証・予測に役立てる。この「人財アナリティクス」を推進している企業ほど、ビジネスの収益率が高く、社員の労働意欲も高く、離職率も低くなる。

 ところが「人財アナリティクス」に本格的に取り組んでいる企業は、まだそれほど多くない。このため本資料では「多くの企業には、人財アナリティクスを強化する余地がまだまだある」と説く。他社に先んじて「人財アナリティクス」に取り組むきっかけとして、ぜひ本資料を活用したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。