資料の紹介

 ビッグデータをいかに経営判断や販売戦略に活用するかが、企業の競争力につながる時代になった。しかし、大量に蓄積したユーザーのコメントから意思決定に役立つ情報を得ようと、キーワード検索によるテキストマイニングを実行しても、目的の情報が抽出できなかったり、無駄な抽出処理が多過ぎたり、といった問題が起きがちだ。

 しかしこのような場合、AI(人工知能)を利用すれば、狙った情報を効率よく抽出できるかもしれない。言葉で表現しにくい「暗黙知」を「教師データ」から学習するため、従来のデータマイニング手法より高い精度でデータを解析できるからだ。しかし、機械学習には一般に、大量の訓練用データと、それを解析する大掛かりな設備が必要になる。

 本資料では、少数の訓練用データと小規模な設備で稼働可能という、テキストデータからの情報抽出に特化したAIシステムを紹介する。同システムによって顧客の声を分析した事例のほか、ECサイトやスマホアプリで集めた顧客のコメントから、欲しい情報を精度高く抽出できるかどうかを検証する「無償アセスメント」サービスも紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。