資料の紹介

 これまで企業は、さまざまなビジネスインテリジェンス(BI)のツールを活用し、ビジネスに役立つ知見を得てきた。BIツールの重要性は今も昔も変わらないが、扱うデータの量と質、分析スピードは大きく異なる。現在は、定型・非定型の膨大なデータをリアルタイムに分析し、迅速に知見を得ることが企業の競争力に直結している。

 ところが、長年データ分析に取り組んできた企業であるほど、既存の古いBIツールがサイロ化し、部門ごとに個別レポートが作成されていることが多い。さらに買収や合併で規模が拡大した結果、製品コードや製品カテゴリーがバラバラだったり、地域ごとに異なるツールが導入されていたりと、評価指標に一貫性がないケースも少なくない。これでは、いくらデータを集めても、迅速かつ効果的なデータ分析は困難であり、分析結果そのものの信頼性にも疑念が生じる。

 こうした状況を打破するには、部門や地域の違いを吸収できて、エンドユーザーがIT部門に頼らずに利用可能で、かつIT部門がデータを集中管理できる新たなBIの仕組みが必要だ。本資料は、その新しい次世代BIのメリットと構築方法を解説している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。