資料の紹介

 営業支援システム(SFA)や顧客情報管理システム(CRM)を導入する目的は「営業活動の効率化」や「営業活動の可視化」「既存顧客からの売上拡大」「新規顧客、見込み顧客の獲得」などだ。しかし、SFA/CRMを導入している企業の管理職への調査結果では、思ったほどの成果を得られていない企業が多いことが分かった。

 その原因として考えられるのは、データ入力に手間取り、取り組むべき業務に時間を割けていないことや、顧客情報がタイムリーに更新されていないため、正確なデータとして営業戦略などを立てる際に活用できていない、などだ。顧客情報の取り込みに苦戦している状態が見えてくる。データ入力に時間を取られれば、本来取り組むべき営業活動の時間が奪われてしまうというジレンマもある。

 本資料は、SFA/CRMに取り込むデータの品質を向上させるためデータ入力・更新などの煩雑かつ膨大な作業を省力化する外部システムとの連携について解説するものである。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。