資料の紹介

 時代のニーズにあわせて製品の高機能化が進むなか、材料も進化する必要がある。一方で「新材料の開発には研究者の経験と直感が必要」といわれてきた。もちろん属人的な開発手法では、コストも時間もかかりすぎる。そこで注目を集めているのが、物質特性をコンピューター上で計算した材料データベースとAIを利用した「マテリアルズインフォマティクス」だ。ITと材料工学を合体させて、時間とコストを大きく削減しようとしている。

 近年のコンピューターの高性能化とAIの浸透は、マテリアルズインフォマティクスにとっては追い風となっている。その一方で、最高のパフォーマンスを生み出すためには環境を整えなくてはならないが、現場で開発環境のセットアップするために多大な時間を要する、高速演算処理を行うGPUリソースが少ない、研究者自身が煩雑なインフラ管理を兼務しなくてはならない、といった課題が山積している。これらを解決するパワフルでかつ使いやすい環境が必要だ。

 本資料では、AIに特化した高性能演算システムを導入し、次々と課題を乗り越えた特殊鋼専業メーカーを紹介している。AIプラットフォームにコンテナ技術を組み合わせ、拡張性、柔軟性、利便性を実現した機械学習モデル開発環境を構築。高機能素材開発のスピード化、個々人の知見に頼っていた検査の均質化、実務作業の高効率化がもたらされたという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。