資料の紹介

 現在、デジタルの世界には大きく2つのトレンドが起きている。1つはクラウドを活用するモバイルデバイスの拡大、もう1つがIoTの登場だ。いずれも、既存ビジネスに影響を与え、新たなビジネスモデルの創出や働き方の変革も可能にしている。

 しかし、こうしたトレンドは重大な脅威も生み出している。アクセス可能なデバイスが爆発的に増えることで、機密情報や個人情報を狙うハッカーにとっては、ハッキングのチャンスも大きく拡大しているからだ。特に問題となるのが、アプリケーションだ。アプリケーションがハッキングされると、金銭的な損害、ブランドイメージの毀損、賠償責任の発生などのさまざまな被害が起きうる。

 攻撃を防ぐには、ハッカーがアプリケーションを狙う基本的な手法である「リバースエンジニアリング」と「タンパリング(改ざん)」への対策が不可欠となる。本資料では、その具体的な対策と技術的な裏付け、さらに、今後、ハッカーによる攻撃対象となりうる「暗号鍵」の保護についても解説している。これからのセキュリティ対策を考えるうえで、ぜひ目を通しておきたい資料だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。