資料の紹介

 さまざまな分野の企業がAI(人工知能)に注目し、AI関連市場が活性化していく一方で、一般の企業がAIビジネスに取り組むのは、いまだにハードルが高いという現実がある。大きな理由の一つが、システム構築をはじめ、データ解析からモデルの評価、実装、継続的な開発などに多額のコストや工数がかかってしまうことだ。

 このハードルを下げたいと考えたのが、AIを専門とするスタートアップ企業のガウスだ。社内で使ってきたAIエンジンを、AI開発支援プラットフォームのクラウドサービス「GAUSS Foundation Platform(GFP)」として、2018年10月から外販している。外販に当たって同社は、それまでシステム基盤として使ってきたAWSを別のサービスに切り替えている。

 本資料では、ガウスがAI開発プラットフォームをクラウドサービスとして提供する際に何が課題になったのか、なぜクラウド基盤を切り替えたのかについて、当事者の声を交えて紹介する。新たに選んだクラウド基盤と選択理由、導入メリットなどにも触れる。移行の効果は想定以上であり、特に運用管理の負担を大幅に軽減できたとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。