資料の紹介

 Web接客サービスやEC特化型メディアなどを提供するECサイト専門企業プレイド。特に、サイト訪問者の属性情報や購入・閲覧状況、SNS情報などあらゆるデータからリアルタイムに来訪者を可視化するKARTEは、国内1430社が採用しているという同社の看板商品だ。

 「データによって人の価値を最大化する」をミッションに掲げる同社が、社内で精力的に進めてきたことがある。一切の業務プロセスから紙を排除して、完全なデジタルビジネスを実現するという取り組みだ。サービスの申し込みや契約、各種の覚え書きなどあらゆる紙の書類を撤廃してきた同社が大きく歩を進めるカギとなったのが、電子署名の採用である。

 既にプレイドでは、ほぼすべての書類に関して電子署名・電子契約を実現。監査などのために保管を義務づけられている書類以外は、すべてデジタル化している。本資料では、同社のチーフ・エンジニアの話を交えて、同社の完全デジタル化への取り組みと、その結果同社が手にした成果を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。